おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

今朝の空のさわやかなこと。

そしてせみさんの鳴き声が嬉しそう。いきいきしてますが、近くで聞いておられる人はちょっと気の毒にも思います。笑

こういう探偵業をしておりますとですね、色々な人の物語があります。

それぞれの人がそれぞれの思いで一生懸命お話をしていかれます。

自殺未遂をして危機一髪で駆け込んで来られるお客様もおられれば、自分自身が病気で余命宣告されているのに家族の相談に来られたり、

死の悲しみをこらえて当社へ駆け込んできたり、病気の家族を助けて欲しいと駆け込んできたり・・・・

ここではお話ができない内容もたくさんございます。

そんなご相談をお聞きするときは、占い師でも霊能者でもありませんし、友人でもないので同情してうんうん聞いているだけにもいきません。

調査は当たり前としていかに解決ができるかどうかを考えます。

中には、一方的な悩みのお客様もおられます。

全部の調査をお受けすることはわたくしが判断します。

時に、その悩みがお客様のためであっても、家族のためではないと判断する時はお断りするケースもございます。

昔、ご相談に来られたご夫婦、お母さんが社会人になったばっかりの息子の交友関係を調べて欲しいという内容でした。

交友関係に不信感があるという訳でなく、ただお母さんの知らない交友関係が許せないという内容でした。

異性のみならずお母さんの知らない交友関係にかたっぱしから連絡を取る母、次第に息子さんは会社へも行かなくなり、引きこもりとなっていました。

それでもわずかな交友関係を知ろうと、当社へ相談に来られました。

お母さんは一生懸命そのお話をして、隣に座るお父さんというのはじーっと下を向いたまま黙ってうつむいてました。

上記にお話した如く、わたくしも色んなご相談を聞いて色々な悩みにも向き合ってきました。

同じようなケースで・・・・・・・・子供さんが死に至ったケースもありました。

わたくしは一生懸命そのお話をしました。

それで子供さんが死に追い込まれても、あなたは幸せですか?

と聞きましたら、

幸せです・・・・

ムキになっていたのもあったのかもしれませんが、もう返す言葉がありませんでした。

わたくしは

結論から申し上げますと、当社では調査はお引き受けできません。

他の探偵社が受けても、当社ではお断りします。

スタスタと相談室を後に歩かれるご夫婦、お父さんだけが、わたくしに深々と一礼をしました。

それから後日、この時代の中、公衆電話からお父さんからお電話がありました。

たかださん、先日は本当に調査を止めていただきありがとうございます。

そして僕の心の言葉を妻に言っていただいたことも感謝します。

妻はあーいう性格ですが、根は良い奴なんです。

僕の携帯電話から電話をかけると妻にばれてしまうので、公衆電話からお電話してすみません。

コンビニに行ってくるとでてきたのでここで失礼します。

そんなお電話をいただきました。

なんでも調査を引き受ければいいということではなく、わたくしの心がどうしても許せませんでした。

ひょっとしたら、このお母さんは他の探偵社に出向いて調査を執り行ったのかもしれませんが、わたくし自身は、間違ったことはしていないと思っております。

探偵というくくりでいけばですね、なんでも屋みたいに業務している探偵社もあるのかもしれませんが、

なんていえばいいのかわかりませんが、

わたくしは、筋の違った探偵道はどうしても歩きたくはありません。

わたくしのハートが許さない限りは、どんなにおいしいお仕事であってもお引き受けはしません。

このお話はもう随分と前のお話ではありますが、その時の情熱と今の情熱もまだまだ健在。

改めて安心しました。

探偵とは名ばかりでコソコソとしているより、王道という探偵道をこれからも歩いていこうと思います。

今更言うのもなんですが。笑

本日はそんなところでしょうか。

さてと本日もはじまります。

本日も正を正してがんばってまいりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう~

The following two tabs change content below.

名古屋の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動している。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いていこうと思っております。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。