おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

本日は日曜日なんですね~

静かな昭和ビルですが、なんだか守衛さんたちがざわざわしてます。

そんな姿をみてわたくしも気合を入れようと思ったとさ(・∀・)笑

本日は、過去は引きずるためにあるものではないというタイトルにさせていただきます。

人それぞれ持っている過去

振り返れば笑える過去もあれば

振り返るとまだまだ涙がでる過去もあり

わかってはいるとは思いますが、昨日も過去で、1時間前も過去

時にその人によっては、そんな過去がトラウマになってしまいます。

当社へご相談に来られるお客様たちも色々な思いで過去から未来へ繋がるためのご相談をします。

今のマイナスを掘り下げる人やエスカレートしていく人もおられれば

今のマイナスからプラスにしたいと思う人もいて

いずれにしても、今のマイナスをどうにかしたいという人が大半となります。

そうですね

わたくしは、過去というのは良かれ悪かれ、その人の土台だと思います。

その人の今や未来を描いていくための土台

たとえ土台という過去に負い目や恨みや憎しみだとしても・・・・自分事や他人のせいであっても

その人の土台に思います。

喜びだけでなく、辛い悲しみも苦しみもそして悔しさもその人の土台となる大切なもの

どんな環境が幸せだったかなんていうのはわかりません。

なにを思って幸せと思えるのか

その土台があるから、その人はどう思えるのかというのが大切な思いなのではないかとわたくしはそう感じます。

そうは言っても過去は引きずってしまうこともあります。

引きずってしまう内容や過程は大切

引きずったからこそ思えること、それは認めてあげる、受け入れる

それは、他人ではなく自分が自分にです。

当社へ相談に来られるお客様に申し上げることですが、

本当の真実を向く勇気がない人も多くおられます。

想像ばかり膨らみ、こうに違いない!こそこそとまたなにをしているの!

真実より想像ばかりがふくらんでしまい悪循環になっている人も多くおられます。

過去を引きずって想像を膨らませているのも自分なんですよね

かといい、実際に想像と真実どちらがみたいか?

明らかに真実

そして真実を知った人の土台というのはこんなに大きな土台だったんだと驚くことも・・・・

少なくありません。

わたくしも

そんな過去を引きずっていたひとりだったんだと思います。

まさか、自分の悲しみや辛さが・・・・・お客様たちの悩みのお役に立てるなんて夢にも想像もしませんでした。

改めて今のわたくしの探偵、お仕事というのは、自分の天職だったと思いました。

過去は引きずるためにあるものではない

奥が深いですね

本日はそんなところです。

本日も現場がにぎわっております。

本日も正を正してがんばってまいりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう~

The following two tabs change content below.

名古屋の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動している。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いていこうと思っております。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。