おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

お盆に入りますね~

みなさん、お墓参りはされましたか?

本日は、心の耳をふさぐというタイトルにさせていただきます。

人はだれだって汚いって聞いたことあります。

汚い面があってそれを出すか出さないか

出すと嫌われる

出さないと苦しい

人やわたくしがこういう事を話したってそれが本当の答えかはわかりません。

どれがその人への成功かも・・・・だれもわかりません。

———————————–
どんなに夜が怖くても暖かい朝は巡ってくる。

どんなに雨が苦手でも綺麗な晴れは訪れる。

どんなに涙が止まらなくても笑える時はやってくる。

どんなに現実が悲しくても諦めない夢が力をくれる。

どんなに寂しい時間が流れても会えた嬉しさが忘れさせてくれる。
———————————-

本当にそのとおりだなと思いました。

洗脳されることは例外であって、心の耳をふさいでいるのは自分

でも、環境や状況なんて大きく変わることはなく

過去は変えれない

ほじくりだしたところでも

投げやりになることでもできる

わたくしはお客様との相談のやりとりでお話しすることですが

僅かな可能性でも、やるだけの価値があるのか、やらずに後悔しなければそれはそれでありだと思います。

最悪な状況を見据えることも大切です。

でも、どうせ最悪な状況になるくらいならと思えるのか

最悪な状況をまぬがれるためにやるべきことがあるのか

やらなくても最悪な状況が去ってくれればそれに越したことはない

そーんな、小さな枝とか心のひだ、絡まった糸をひとつ、またひとつずつ解いていきお客様と寄り添っていくんです。

心の耳をふさぐ

過去を振り返ることも確かに必要です。

でも、わたくしたちは、未来という道を歩いているんです。

過去を歩こうとしても

歩けない

だから苦しいんですよね

しかし、文章と同じで

過去が、ピリオド(句点)でなく、読点「、」だから先に進めない。

だから・・・・・終われない。

だったらどうするのか

心に耳をふさがないで考えてみるのもいいですね。

心に穴があく

と言いますが、

穴があいたからこそ、風が入って違う景色もみえる

冷たい風ばかりでないのかもしれません。

あなたの心をやわらいでくれるそよ風が流れるのかもしれません。

深いですね

本日はそんなところでしょうか

さてと本日もはじまります。

本日も正を正してがんばりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう~

The following two tabs change content below.

名古屋の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動している。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いていこうと思っております。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。