おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

2009年から2017年までの約7年間、amebaにてブログを長いこと書かせていただきました。

amebaでは今までの記事もすべて現在、見れない状態ではありますが、こちらにすべて引っ越しいたしましたのでよろしくお願いします。

本日は、「あの時」という過去にありがとうというタイトルにさせていただきます。

今ならもっとこうしていた

とか

あの時は一番、苦しくて辛かった

みなさんも言ってしまう言葉ではないでしょうか

わたくし、個人的に思うんですが、

人なんてみんな文句や愚痴、悪口なんて言おうと思えば言えるんだと思います。

でも本当の苦しみや悲しみや最悪な状況の時というのは、人に言える状況ではない。

当社のお客様たちというのは殆どがそういう状況で駆け込んで来られる。

そうやって文句や愚痴、悪口を言ったとしましょう。

それをすべて叶えてあげたら・・・・・・そういう人たちって納得が行くのでしょうか。

子供が宿題をしないからといって母親が怒る

子「うるさいな~。そんな言い方しなくてもいいじゃん。」

母「本当だね、もう言わないから。ごめんね。もう宿題はしなくていいから」

これは例えの会話ではありますが。

なにが不満

なにがいやだ

その「なに」を叶えれば不満はおさまるのでしょうか。

わたくし的には違うように感じます。

「なに」を理解している人は、「なに」をクリアにするとすぐに納得します。

でも、「なに」を理解していない人という中で

「なに」をクリアできて納得した人は今のところ誰一人会ったことありません。

ちょっと難しいですかね。すみません。

話を戻しまして、本日のタイトル「「あの時」という過去にありがとう」

そういう色々な経験をしたからこそ、今の自分は成長ができているということ

苦しくて辛かったけど、それを通過したから今と言う自分はこうであるということ。

わたくしの仕事はやはり人を見抜くことが、ひとつの仕事ともなります。

なので職業病といえばそうなんですが、根底の思いを隠して手法でごまかそうとしている人とか、ごまかしているつもりはないけど根底の思いが自分では吐き出せない人

そういうところを常に見ているので知らず知らずに訓練されているのかなと感じました。

ということで。笑

本日もはじまっております。

本日も正を正してがんばりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう~

 

The following two tabs change content below.

名古屋の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動している。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いていこうと思っております。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。