おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

この週末は雪道を駆け抜け出勤して緊張疲れの中、月曜日も雪道かよっとドッと疲れました月曜日。

でも、凍ってなかったから良かったとしましょう。

本日は、誠実さは礼儀正しさからというタイトルにさせていただきます。

今の若者にこの言葉の理解ができるのだろうかと思いながら。


人間の真の誠実は、

たとえば礼儀正しさと同じように、

小さなことに対する

その人の態度にあらわれる。

カール・ヒルティ


誠実というのは聞こえがいいし気持ちいい。

でも、本当に誠実さを求めている人とか誠実な人という大前提にはやはり挨拶だとかそういう礼儀正しさでわかるように感じます。

わたくしの母親はそういった挨拶には厳しい人でした。

たとえばご近所の人に挨拶しても挨拶が返ってこない人にこそ挨拶はしっかりすること

「そういう人に限ってきちんと聞いているものだよ」

それからは逆に挨拶が返ってこない人にこそ、大きな声で挨拶をするようにしておりました。笑

当社でも、解決サポートで話し合いが執り行われている際、こんなやりとりがたまにあります。

「おー、わるかったなー、○○」

「悪いとは思っているけど」

さらっとこんな言葉で反省をします。

まぁ、逆ギレされるよりかはまだいいのかもしれませんけど、結局のところ「まだいいけど」という時点でなんだかしらけそうな状況

わたくしがその時に申し上げることは

「本当に悪いと思っているのかもしれないですが、自分が逆の立場だったら自分の謝りかたが誠心誠意の謝罪の気持ちだと思えますか?

この人は本当に反省していると思えますか?」

「それが仕事だったらそんな謝りかたをする人との取引を続けますか?

そんな部下と仕事がしたいですか?そんな上司を憧れられますか?」

誠実さってみえるところでなく、小さな些細なところから垣間見れることなんだとわたくしは強く思います。

その切り札として、礼儀正しさなのかなと思いました。

本日はそんなところで

本日も正を正してがんばりたいと思います。

さてとそれではみさなま今週もがんばりましょう~

 

 

 

The following two tabs change content below.

名古屋の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動している。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いていこうと思っております。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。