おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

いよいよ、今週、10月22日(木)に、大阪府中小企業家同友会・三島支部でのBIG例会が開催されます。

9/9の先日のブログでもお知らせさせていただきました。

お知らせしてから一ヶ月以上経ちますが。

関係者及び仲間たちには、お恥ずかしいので内緒にしておりますが、このブログではカミウングアウトさせてもらうと・・・・・・・

かなり練習をしてます。笑

残すところ3日となりましてちょっと疲れ気味です。苦笑

報告時間がなんと50分もありまして、一回通しで練習するだけでも、一時間はかかってしまって一回通すだけでヘトヘトなんです。苦笑

まぁ~、こんな愚痴はさておき、

探偵業というのは、探偵歴○○年とか書いているところもありますが、

1・2年は問題外ですが、探偵歴たとえ10年以上であっても、

一ヶ月、1件の案件しかない探偵社だと、1年間で12件

一ヶ月、20件の案件で、1年間で240件

同じ10年でもこうも違います。

同業者ならだいたいお話をお聞きしていく上で、探偵業への質がわかります。

今回、愛知中小企業家同友会だと豊田地区、今回ですと大阪中小企業家同友会の三島地区での報告を承諾させていただきまして、

今回のタイトル

「探偵業と経営理念」

ど本気で人助けをした時に見えたもの

わたくしも探偵歴22年、経営者としても10年が過ぎようとしていて、報告でも語っておりますが、

30代を後悔なく思いっきり生きる

そしてかっこいい40代になる

本当に30代は、笑いたい奴は笑えばいい、私は馬車馬のようにがんばるんだ

って駆け登ってまいりました。

心も体もたくさん傷をつくりましたし、色々な事もひとつひとつ思い出せば、喜ばしいこともたくさんありましたが、同じ分だけ、傷口も傷む思い出もたくさんあります。

でも、胸をはって言い張れるのは、後悔していないという事です。

そして王道を必ず歩いてまいりました。

10年前のわたくしというのは、腫れ物にさわる様な勝気で今思うと未熟者でした。

その10年後のわたくしが、これまでの過程を人様にお話しすることになるなんて思ってもいませんでした。

ただ言える事は、あの20代、30代、決して平坦な道ではなかった怒涛の道でもありましたが、あの時、どんな事があろうとも踏ん張ってがんばって良かったと思います。

言い訳して諦めることは簡単です。

自分の都合の悪い言い訳は、歩く上では楽です。

言い訳しないと大変だから。

責任がとれないから言い訳する。

量より質という言い方がありますが、量もこなすことも大事です。

量をこなすことによって質が問われていく

量をこなることによって質ができあがっていく

量もこなしていないのに、質を見出そうともそんな都合の良い話はありません。

本物には本物の意味があって

「ごっこ」と「プロ」とは違います。

本物やプロになるためには、それだけの過程(プロセス)があってそれを通らないと一流にはなれません。

三流がだめだという事ではなく、一流に向かう姿勢を持てるかどうか

それが大切だということです。

今年もまだまだ、2ヶ月ちょっとありますが、今年もたくさんの人たちと出会えております。

わたくしが歩いている探偵という道は

「人を助けをしてあげたいな」

「人を助けれたらいいな」

「人助けをする努力をしたいな」

そうではなく、

「必ず人を助ける」

ということなんです。

悲しんでいる人、困っている人、苦しんでいるすべての人の笑顔がみたいからなんです。

10年後のわたくしが53歳の時、今の43歳のわたくしを見てどう思うのでしょうね。

成長していたらいいな~

本日はそんなところでして、10/22の報告へ向けてラストスパートで練習をがんばりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう

The following two tabs change content below.

名古屋の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動している。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いていこうと思っております。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。