おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

気づけばあと少しでお盆ではないですか。

8月に入りましたねぇ。

今朝、相田みつをさんの本を読んでましてしみじみとしました。

「つまづいたおかげで」

つまづいたり ころんだり したおかげで

物事を深く考えるようになりました

あやまちや失敗をくり返したおかげで

少しずつだが

人のことを 温かい眼で

見られるようになりました

何回も追いつめられたおかげで

人間としての 自分の弱さと だらしなさを

いやというほど知りました

だまされたり 裏切られたり したおかげで

馬鹿正直で 親切な人間の暖かさも知りました

そして・・・

身近な人の死に逢うたびに

人のいのちのはかなさと

いま ここに

生きていることの尊さを

骨身にしみて味わいました

人のいのちの尊さを

骨身にしみて 味わったおかげで

人のいのちを ほんとうにに大切にする

ほんものの人間に裸で逢うことができました

一人の ほんものの人間に

めぐり逢えたおかげで

それが 縁となり

次々に 沢山のよい人たちに

めぐり逢うことができました

だから わたしの まわりにいる人たちは

みんな よい人ばかりなんです

相田みつを「にんげんだもの」(文化出版局)出版

人生はつまづいたり、転んだり、失敗したからこそ得られることもあり、でもだからといってすぐに切り替えもできることはできずに、得られるとなるまでにも時間がかかります。

今年、5月の報告でお話させていただいた時、聞いてくださった方々から「たかださんの人生って壮絶でドラマみたい」

って言われました。

わたくしも、あえて壮絶の人生を選んだかといえば、選びたくない。

でも、ただ言えることと言えば、目の前に究極の選択をされ自分が選んだ選択をしなかったほうのが後悔すると思いました。

いくつかの選択にわたくしは、可能性の低い方を選択したのだと思います。

今までいくつかの選択や出来事に、目を伏せていることもできただろうし、泣いて泣いて泣きじゃくって諦めることもできました。

そう逃げる事だってできたのかもしれません。

でもそんな選択の時、わたくしはいつも「やる」その答えしかありませんでした。

なんの保証もない道をひたすら歩くしかありませんでした。

ただ思い描く架空の目的に向けて・・・・

現実に叶ったこともありましたが、叶わなかったこともあります。

現実に叶ったことは喜びもひとしおですが、その分、叶わなかったことが骨身にしみることもあります。

まさか、この年になって、こんなわたくしがですよ、人様に自分の「人と成り」をお話しするなんて思いもしませんでした。

今年10月、来年2月、また報告する機会ができましたが、5月の報告にまた色味を足して打ち合わせをしております。

そんな中、色々と考えさせられこれも良い機会の勉強だなぁと思いました。

今年10月と来年2月の報告でとりあえず最後の報告にするつもりです。苦笑

どうしてもお断りできなかっただけで、人様の前でお話しするのは大の苦手。

でも苦手から逃げれないのも何か意味があるとそう感じております。

そして自分自身、もうそろそろステージを変えるときがきたようにも思います。

自分でもどんなステージなのかはまったくわかりません。

でもこの報告を終えたときに・・・・・気づくような気がしてなりません。

人生なんて本当はもっとシンプルだと思います。

複雑にしているのは自分自身

目を伏せることも逃げることも諦めることもできる

でも、そう決めて歩いてつまづいたり転んだり・・・・そして失敗して人はその位置に立たされてはじめて思いが変わったり気づいたりする。

あの時はわからない感情が今だからこそわかる感情もある

今日の相田みつをさんの言葉は骨身にしみました。

本日はそんなところで

さてと今週もはじまりました。

本日も正を正してがんばってまいりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう~

The following two tabs change content below.

名古屋の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動している。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いていこうと思っております。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。