おはようぼざいます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

連休が明けましたが、なにげにバタバタしていた高田さんです。笑

本日は、岐路に立つときというタイトルにさせていただきます。

わたくしも44歳、今まで生きてきた中で振り返れば、窮地に立たされ、岐路だったと思うのは3回ありました。

その3回に共通しているのは、

一瞬にして

同じ視界だったものがまったく見る位置が変わったこと

だけど~とかどうしようかと悩む時間がない選択だったこと

これを超えないと先がない

その先は果てしなく遠いかもしれない恐怖

今、あの時を思い出してもまだぞっとしますね。苦笑

当たり前だった視界が一瞬にして白黒のようになって・・・・・

当たり前だったことも当たり前でなくなって・・・・・

枯れるまで泣いたらもう泣かなくてすむのではないかと思って泣きじゃくっても、涙って枯れないことも知りました。

今までわたくしががんばれたのもこの岐路を思い出して

あの時を思い出せば今のことなんてたいしたことない

いつなにが起こるかわからないから「あの時、こうしておけばよかった」と思う人生にはしたくない

人生はなんらか必ず後悔というのが残るんだと思います。

だったら「後悔のない後悔」にしたい

くだらないところで逃げて、これだと思ったことには逃げない

みなさんの人生にも必ずピンチがあるはずです。

ピンチから逃げるのか、ピンチからそれるのか

ピンチはチャンスっていいたいんでしょう?

その通りです。笑

ピンチをスルーしても構いません。

いつの日か・・・・・スルーできない時がきます。

どんな感情でもそうかもしれませんが、究極だとか、底の底を味わってはじめて気づくのかもしれませんね。

岐路なんてだれも決めることができません。

後づけですから

本日はそんなところでしょうか

さてと本日もはじまります。

まだこんな時間ですが、時間が足りない・・・・

本日も正を正してがんばりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう~

The following two tabs change content below.

名古屋の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動している。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いていこうと思っております。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。