おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

 

最終章の2016年をみなさんはいかがお過ごしでしょうか。

 

本日は、本当の悲しみというタイトルにさせていただきます。

 

大切な誰かを失ってから人は本当の悲しみを知ります。

 

悲しみってこんなに悲しいんだと感じ、失う前にそれがわかっていたらもっと大切にできたのかもしれないと思ったり、そんな色々な後悔を悔やんでみたり、自分をせめてみたりする。

 

同じ悲しみでも、周りに悲しいとわーわー言う人もいれば

誰にも言わずに悲しんでいる人もいて

 

同じ喜びでも、キャーキャー喜んでくれる人もいれば

一言、「ありがとう」というだけの人もいる

 

今回は本当の悲しみというタイトルなので

 

わたくしもそんな本当の悲しみが訪れたとき、悔やんで悲しんでわたくしの人生にこの悲しさがなんの必要があるんだろうって思いました。

 

その時はわからなかったですが、年月を過ぎてわかったことは、この思いがあるから今があるんだと思えます。

偶然ではなく必然という意味がわかりだしました。

 

悲しい、苦しいのは自分だけでないんだと思いました。

 

「本当の」という言葉って、なにかを失ってからこそわかるのだと思います。

 

でも、失ってからわかるのも辛いように思いますが、だからこそ感じれる思いなのかもしれませんね。

 

本日はそんなところで

 

本日も正を正してがんばりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう~

 

 

The following two tabs change content below.

名古屋の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動している。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いていこうと思っております。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。