おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

コンクリートとコンクリートの間からたんぽぽが咲いていると「かっこいいなー」と思うたかださん。笑

つまり生命力の強さってすごいなといつも思います。

余談ではありますが、4月の中旬に・・・・・わたくしが出演したラジオ放送日があったのですが・・・・・

忙しさのあまり・・・・聞き逃してしまい先ほど気づいたかぎりです。苦笑

本日は、高田探偵の「利己の心と利他の心」というタイトルにさせていただきます。

先日、お客様とそんなお話をしたところでしたのでこのブログにしました。

ちなみにですが、わたくしの性格は、一発狙いで大儲けとかこの仕事が大当たりだったとか、そういう事にあまり興味がありません。

西川きよしさんではありませんが(笑)小さな事からコツコツと

基本はこれ

わたくしなんてそんな大それたセンスも能力もない←別にネガティブ発言ではありません。笑

でも、自分が思い描くセンスや能力に近づくことは出きるかもしれない。

たとえ一つ一つが小さくても継続すれば大きくなる。
練習も勉強も仕事も積み重ねが大切。

毎日毎日を精一杯やっていれば必ず大きな成長へとつながる。

たくさんやることが重要ではなく、継続することが大切。

大きな夢やビジネスをしようと思うとものすごい不安ですし勇気がでない。

結局、不安や勇気がでないという事は・・・・・・まだそれだけの自分ができていない。

話がそれたようで実はそれてはないんですが、

「一つ一つが小さくても継続」

この一つ一つが、利己か利他の心の差だとわたくしは思います。

スタートは利他の心を持っているものの、一つまた一つとこなしていくと人と言うのは利己の心がではじめます。

そしてそんな利己と利他の心を天秤にかけだす。

それが試されている大きな第一ステップ

利己の心が大きくなると歩くモチベーションもなくなってしまう。

利己の心で判断してしまうと、自分の一方的な考えてしかもはや受け付けないので、誰の言葉も受け入れることもできず、さらに誰も協力も得られません。

そして自分中心になってしまうので視野も狭くなり間違った判断さえ認めることができなくなってしまいます。

利他の心で判断すると「その人のため」という心からみんなが協力してくれ、そいうなると視野も広くなるので、色々な意見を聞き入れることもでき正しい判断ができる。

自分自身が損得が絡んだとき、人としての本音がでるように思います。

この探偵と言うお仕事であれば、人助け

人を助けたいと思うことは誰でも言えるし、そう思う人もたくさんおられると思います。

そうなるために、一つ一つを利他の心で執り行い、探偵という仕事で人助けができるのだと思っております。

そうは言ってもお金をいただいてわたくしもお仕事をしているから利己の心?

そんな事を言いましたら、探偵とか関係なくどんな職業に勤めてみえる人たちだってお給料をもらっている。

探偵どうのってことではないのではないでしょうか。

利他の心

大切ですね。

本日はそんなところでしょうか

さてと本日もはじまりました。本日も正を正してがんばりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう~

 

 

The following two tabs change content below.

名古屋の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動している。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いていこうと思っております。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。