おつかれさまです。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

GW明け、オフィスも賑わっております。

本日は、高田探偵の「人生の歩き方」というタイトルにさせていただきます。

10代は、ソフトボールに青春を過ごし、実業団の夢を抱いていた時もありました。

20代は、自分とはなにかを悩みながら調査員として働き、23歳にして母親の闘病生活7年、29歳時に母親を亡くし、享年54歳

30代は、母親がいない生活に悲しみぬきながら調査員として働き、33歳の時に父の会社を継承、さらに追い討ちをかけるように37歳時に独立起業となる。

33歳時の経営者になった時、20代、30代を振り返り、40代こそ、かっこいい40代になるんだと決心した日を今でも忘れれません。

まずは、人にできて自分にできないものはないと自分自身に言い聞かせました。

そして、人にできて自分に足りないところを徹底的に向き合いました。

朝は6時に出社して帰りは0時まで、熱があっても手は動く、当時は周りから死ぬぞと言われるほど、体重もみるみる落ちていきました。

そう、わたしには登りつめたい山がある、なにかに取り付かれたようにがむしゃらでした。

30代後半まで40までにあと何年と言い聞かせながら。

しかし後半戦は少々、息切れをしていた自分にも気づき、40歳を目前の半年は奮い立たせるよう、悔いがない30代を終えようと思いました。

10代は10代のステージ

20代は20代のステージ

30代は30代のステージ

40代は40代のステージ

同じ事柄でも、気持ちや思いはまったく違います。

10代、20代では気づかなかった30代後半に気づいたことは、今まで壁があったら叩いて叩いてなにくそ根性で叩き割っていたけども、体力の限界を知りました。

40代、30代までと同じ事をしていたら身がもたない、40代は頭脳プレーにしないといけない。

その時、ワンマンな一人の経営者を見てわたくしはこう感じたんです。

こういう経営者にはなりたくない

自分だけが良ければいいなんて思っていたら誰もいなくなる。

人のせいではない自分のせい

一人で100億を稼ぎたいか、たとえ10人で100億を稼ぎたいか

一人で100億を稼ぐことができるかも不明ですし限界がある。

でも10人で100億を稼いだら、みんなで喜べる。嬉しさも増す。

まー、100億なんて稼げることは難しいですが、例え話です。苦笑

わたしだけ苦労して努力してと思っていることが間違っていたんです。

みんながいて、みんなが支えてくれて、もちろんお客様たちもその一人。

そんな事を気づきだしたのが40代スタートでした。

それを教えてくれたのは、30代を一生懸命歩いてきたからだと思っております。

かっこいい40代になりたいとあの時、決意したことは正解でした。

特に、人からかっこいいと思われなくてもいい、自己満足の世界です。苦笑

50代は更に目指していることもあります。

50代はしびれるくらいかっこいい50代になりたい。笑

そのためにはまだまだ、育てていかないといけないこともたくさんありますが、とにかくそれらを宝にするのも40代を大切に生きることかな。

本日はちょっと語ってみました。

昔に書いた記事

高田幸枝の探偵としての「人と成り」がご覧いただけます。

本当に涙した日(その1)
本当に涙した日(その2)
本当に涙した日(その3)

ばたばたしてきましてのでこのへんで。

さてと本日もはじまっております。

本日も正を正してがんばりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう~

 

The following two tabs change content below.

名古屋の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動している。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いていこうと思っております。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。