おつかれさまです。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

もう土曜日ですかぁ・・・・早いでつね(・∀・)

本日も現場は朝からにぎわっておりますが、先ほども映像チェックしておりましたが、グングンパンチのある映像になってきました。
映像をチェックすると調査員達の心理状態や意識、一生懸命さが価値になっているのかなっていないのかもわかります。

そんなところで本日は探偵の神様というタイトルにさせていただきます。

調査現場というのはものすごい緊迫した環境で調査員たちは張り込みをします。

そんな緊迫した中でも必死に尾行をするのですが、早々、安易な調査現場環境というのはありません。

なめてかかると張り込み環境がグッと悪くなりますし、

怖がっていると見失う可能性もあります。

ビビッていると不審者人物になってしまいますし、

楽しようとすると警戒されます。

コソコソしてもいけないし、キョロキョロしてもいけない

かっこつけている場合ではないのが調査現場

必ずその日の最後まで、その案件の全調査終了まで身を隠し続けないといけません。

最初の頃は、置いてきぼりになったり、車両処理だったりと達成感はなかなか得られません。

最初の頃の映像なんていうのは、

涙流しながらの映像?のようなそれはそれでひどい・・・・笑

でも、それが通常ですし、

それでいいと思います。

そんな映像でも気持ちが伝わればそれでOK
(報告書には使えませんが。苦笑)

そんな調査現場には探偵の神様が必ず見ております。

本当にここぞという時にその探偵の神様が降りてくれるんですよね。

ただし条件がクリアされた人でしか降りてきません。笑

そして調査現場には魔物もおります。

魔物に一回でも目があったり出会ったりするとぞくっとします。笑

これ本当です。

でも一回でも見るとその調査員たちの調査の腕の質がグッとあがります。

これも本当です。

年月が過ぎていくと探偵の神様が組み立てをしてくれます。

言い方変えますと、

その調査員たちの探偵道にハードルをおきます。

ハードルの幅はその調査員たちによって様々です。

よく、わたくしがたまーに現場に顔出すと静かな現場も急に賑やかになったり、ありえないところで対象者を発見すると言われますが、

それは、探偵の神様から認められたからだよ・・・・・

(・∀・)へ?

偶然です・・・・。

偶然ですが、まー、経験ですかね。

情報をいかに把握して土足では決して現場には入らない。

慎重になるところの強弱をしっかりとしている。

探偵の神様には忠実

本日はそんなところです。

さてと本日も正を正してがんばってまいります。

それではみなさま、ごきげんよう~

The following two tabs change content below.

名古屋の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動している。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いていこうと思っております。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。