おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

10月がスタートしましたね。
本日の空もなんて優しい色をしているのでしょう。。。。。

チュンチュン♪

本日は、「大変」と書いてというタイトルにさせていただきます。

本日はひとりのスタッフの事を書かせていただきます。

サブタイトルは「高田の目にも涙」苦笑

先日、彼と話しをしました。

彼はスタッフの中でも一番のムードメーカー

仕事に於いても熱心で注意されたときも子供のように落ち込み、反面、褒めると子供のように喜ぶ。

ただ探偵として彼の行動にはいくつか危険な事もたびたびありました。

色々な角度からずっと見てきました。

わたくしが出した言葉は・・・・・今のままでは探偵には不向きであって先を見たとしてリスクが大きい。

今の状態で明らかになったのは周りのスタッフ達の精神的影響もではじめている。

そんな話をしようと決断するまでには、その他のスタッフ達にも相談もしました。
そして1ヵ月わたくしも悩みました。

ただひとつだけ、改善することはありました。

それは、彼自身の心の底の意識を変えること

今のままでは必ずなにか大きな失態を招く

彼は落胆してその日を後にしました。

数日後、彼と話をしました。

彼が出した結論は・・・・・・

「LASにいたい・・・・」

その言葉を聞いて、わたくしは泣いてしまいました。
※ブログ書きながらウルウルですが。苦笑

一生懸命、ひとりでずっと考えていたんだろうな

彼はとてもピュア

彼の言葉を聞いて、わたくしがなぜ涙したのか。

それは、彼を路頭に迷わすところであった

ということです。

人はみな、変わりたい、成長したいと言いますが、最後には我欲というのがでてしまう。

そこで成長は止まってしまうことにすら気づかない人も多い。

今回でも・・・・・

彼は「やめる」選択もあったでしょう

でも、それを超えて「LASにいたい」という言葉

彼の本当の心の叫びだったと感じました。

「大変」と書いて

大きく変わる「チャンス」の時

わたくしも、今回のことでなにか気づきだしたように感じます。

それは未だには漠然としておりますが、いつもと違う何かを感じました。

わたくし自身にも変化があったように感じます。

社長もっとがんばっちゃうよー

みんな、だいすきだぞーーーーーーー!

本日はそんなところでしょうか。

さてと本日も清く清らかに清々堂々とがんばってまいります。

それではみなさまごきげんよう~

The following two tabs change content below.

名古屋の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動している。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いていこうと思っております。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。