おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

本日も名古屋は雨模様。季節なのか黄砂が目立ちますね。

本日は、高田探偵の「繋いだ手から伝わるもの」というタイトルにさせていただきます。

人はそれぞれの思いがあるので言葉にしなくては伝わらないこともたくさんあります。

しかし、繋いだ手から伝わることもたくさんあります。

握手ひとつでも思いが伝わることってありますよね?

本気でがんばります。

心からありがとうございます。お世話になりました。

そんな思いが伝わる握手

緊張している手

恥しそうに握る手

これも思いが伝わる握手

遊んできた砂の匂いがまだする興奮した子供の手

眠たそうな子供のあたたかい手

わたくしが探偵になりたいという若者の面接の時によくお話する事ですが、

■自分自身がもし、崖から落ちそうになっていて、助けて欲しいと手を差し伸べた人にどんな風に手を繋いで欲しいですか?

・助けようか迷っている人に助けてもらいたいのか

・自信がない人に助けてもらいたいのか

・絶対にこの手で助けてあげるという人

 

■大切な家族(たとえばですが母)が、深刻な病気にかかって難しい手術を任せないといけないとしたらどんな医師にお任せしたいですか?

・とりあえず手術をやってみましょうという医師

・腕はいいが、手術しても後々の病状がめんどくさいと思う医師

・日本で指折りの必ず治してみせますと胸をはる医師

だいたいの人は答えはわかっているかと思います。

条件が合わなければ助けれないのか、メリット、デメリットからデメリットが多いからやめておこうと思うのか。

条件だけ、デメリットだけの言葉であればだれだってひるむでしょう。

しかし、それらを超えなくては自分自身の未来は築けないということ。

要は、条件とかデメリットとか損得というのは、ある程度の能力と技術を有して選べれることなんだとわたくしは思います。

自信がない、迷っているのは経験がないから、自分の目の前の壁を乗り越えていないから自身に自信がない。

自分を信じると書き、自信と書きます。

とりあえず手術する医師が、とりあえず以上の手術経験をしているでしょうか。

めんどくさいと思う医師が、難航した患者と向き合い抜いてきた医師でしょうか。

必ず治して見せますという医師が、どういう意味で「必ず治す」と言い切れるのでしょうか。

もし、必ず治すといって治らなかったとしても、わたくしは悔いはありません。

探偵と言う仕事でも同じとわたくしは強く思います。

本日はそんなところでしょうか

さてと本日もはじまっております。

本日も正を正してがんばりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう~

 

 

 

The following two tabs change content below.

名古屋の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動している。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いていこうと思っております。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。