おつかれさまです。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

本日も昭和ビルはポカポカであります。

本日はプライベート記事とでもいきましょう。
わたくしは13歳まで二人姉妹の次女であり、年子の姉がおりました。
超甘えっ子であり、今だからこそカミングアウトですが小学校5年生までおねしょをし、小学校6年生までおしゃぶりを・・・・・していました。苦笑
あれだけ母親からおしゃぶりを注意されていたのにコソコソと布団に隠れておしゃぶりをしていたのにも関わらず、13歳離れた妹ができたと母親から聞き、なにかに目覚め慌てておしゃぶりをやめました。笑

妹が生まれいつもなら膝枕してくれていた母親の足元にはいつも妹が・・・・。
なんとなく中学生ながらにさみしかったのを覚えております。

これだけ離れた姉妹なので二人姉妹の一人っ子みたいな感じになるのかなと思いましたが、これが姉っぽくなるんですよね。
ここまで離れると母性がでる・・・・笑

でも妹が赤ちゃんの時は、わざといじわるして泣かしたりしてそれが妹にとってはすごくいやだったみたいです。苦笑

そんなバブバブの妹が泣いていると母親がどうして泣くか心配するのを察知して、泣いた妹に

♪ほっぺにチュ~。けんかの後はほっぺに?♪

と歌うと妹は泣きながらわたくしにブチュとしてくれたのがたまらなくかわいかったのを覚えております。笑

学生時代の授業参観・個人面談には妹は常に友人たちのおもちゃみたくかわりがわりにあやしてくれておりました。

そんな妹も良いお年頃になり現在は社会人。

幸せになってほしいな~

それでは本日も正を正してがんばっているぞよ。

ごきげんよう

The following two tabs change content below.

名古屋の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動している。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いていこうと思っております。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。