おつかれさまです。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

本日は二件目のブログとなります。

今回は、高田探偵の「ママは必ず待っている。幸枝と会える日を」という久しぶりに母親ネタでもいきましょう。

母親が他界して約16年、享年53歳、わたくしが当時29歳の時でした。

母親が他界する闘病生活の約7年、亡くなった時、心が悲しみ骨まで悲しんだので今でも鮮明にその当時は覚えております。

亡くなってからの年月がこんなに苦しいとは思いませんでした。

大好きだった母親は亡くなってから更にバージョンアップして悲しみが押し寄せてきました。

1年経っても、2年経っても、3年経ってもそんな悲しみから抜け出すことができなかったわたくし。

気づけば、10年が過ぎても同じでした。

事あるごとに、母のところに行きたい、母に会いたい、叶うはずないことばかり言っておりました。

でも、以前のブログでも書きましたように、姉に「お姉ちゃんは、ママがいなくなって寂しくないの?」と聞いたら、いつも気丈な姉が涙をボタボタと流しながら

「わたしは、ママが悲しむから泣かない」

その姿を見て、わたくしも号泣しました。

でも、明らかにそれから思いが変わりました。

天国のママは今までは、悲しみにひたった幸枝をみて悲しんでいたことでしょう

だから

これからは、天国のママが笑顔になってもらう、天国のママが自慢できる娘になる

最初はすぐにコロッと変わることはできませんでしたから、悲しみが押し寄せてくると読書をして心をはぐらかしたり、ママに会いたいと思ったら誰かと会って気を紛らわせたり。

わたくしが探偵としてお客様たちと向き合っていることは、やはり家族の大切さ

大切な人への思いとか・・・・・

自身が経験しているからこそ、愛情を誰よりも持ってお客様と向き合えるのだと思っております。

今では、
—————-
「ママは必ず、必ず!待っている。幸枝と会える日を」

昔のママと会える道のりは暗い道のりだったけど

今のママと会える道のりは輝く道のりだと思っています。

だから、今はくじけそうになっても私はがんばれる。

何十年ぶりに会うママとは照れくさい気持ちでもありますが・・・・・・

でも、再会したらもう二度と絶対に離れない。なにがなんでも離れない。笑

ママは久しぶりに会ったら私のことをなんて言うのかな~。笑

ゆうちゃんらしい生き方だったね

ママが言いそうなセリフです。笑

ちなみに、私はママに久しぶりに再会したらなんて言うのかな~。

たぶん、全部見られているだろうから・・・・・

だまって泣いているだけだと思います。笑
—————–
母親ネタはやはりおセンチになってしまいますね。苦笑

余談ではありますが、ばかみたいな事をしておりますが、ちなみに16年経っても母親の携帯アドレスは消してません。苦笑

本当はですが、お客様たちを見ているとうらやましく思うことも多くあるんですよ。

こんな素晴らしい家族を壊したらいけない

愛のたくさんある家族を崩壊させたらいけない

言葉足らずでも愛情がたくさんの家族をなんとかしないといけない

こんな至らぬわたくしがそれを解決できるなら全力でやらせていただいているだけです。

追記として、そう思わなければたかださんは動きません。苦笑

久しぶりの母親ネタということで。笑

さてと気持ちを入れ替えて。

それではみなさまごきげんよう

The following two tabs change content below.

名古屋の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動している。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いていこうと思っております。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。