本日2件目のブログ

本日、伯父から祖母が亡くなった連絡がありました。

大正生まれ、享年95歳

ここ数年はしんどそうでした。

不謹慎かもしれませんが書かせてください。

母方のおじいちゃん、おばあちゃん家に行くのが幼少から楽しみでした。

いつもおじいちゃん、おばあちゃんは私たち孫が来るのを喜んで迎え入れてくれました。

おじいちゃんとおばあちゃんは、畑が大好きで

わたしの夢はおじいちゃん、おばあちゃんみたいに畑を持ち、孫達に

「こんなのしか持たせてやれないけど」

ってでっかいきゅうりをビニールに入れて。

まぁ、結婚もしてませんので夢となりましたが。苦笑

おじいちゃんは超頑固おじいちゃん、そんなおじいちゃんを陰で支える気丈なおばあちゃんでした。
おじいちゃんも孫達には、おばあちゃんの自慢をしてましたよ。

「おばあちゃんをお嫁に行くときにはなぁ、一升瓶を持って・・・・」

何回も同じ話を聞かされ、だまって下を向いておばあちゃんは聞いておりました。

絶対に怒らない、わたくしの母の性格に似たおばあちゃんでした。

わたくしの母のがおばあちゃんより先に亡くなりましたが、内緒にしていた闘病時、高齢のおばあちゃんは何かのカンが働いたのか、突然、自宅に来てしまいました。

母は強しと春日井のおばあちゃんには教えられたことはたくさんありました。

ぬか漬けが大好きなおばあちゃんで、

編み物が大好きなおばあちゃんで、

手まりもなんでも手作りでした。

おてんばのわたしの子守も大変だっただろうに・・・・。

後半期は苦労したおばあちゃんでした。

おばあちゃん、幸枝はおばあちゃんの孫で本当によかったです。

これでようやくママに会えるね。

おじいちゃんに会えるね、せっちゃんおばさんにも会えるね。

「こんなもんしかだしてあげれないけど」

おばあちゃんの口癖。

こんなものが、一番のご馳走だったよ。

おばあちゃん、本当にありがとう。

おばあちゃんの自慢の孫でいます。

The following two tabs change content below.

名古屋の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動している。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いていこうと思っております。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。