おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

さりげなく春が顔をだしているように感じます。

こういうさりげなくがちょっぴりすきなたかだ探偵ですが。笑

だけども・・・・・早くあたたかくなってくれと思います。笑

本日は、探偵が警察から敵対心を持たれる時とはというタイトルにさせていただきます。

以前のブログに「探偵をしてよかったこと」という記事を書いたんですが、簡単に申し上げると警察の人の多くは、探偵という職業を出すと「少々かまえられる」警察官が多い。

苦笑いとしときます。苦笑

そういう時は、悔しい気持ちになり若かりし頃のわたくしはそんな警察の人たちにも食ってかかっておりました。

しかし、その件の内容を掘り下げても警察の人たちにもプライドがあるからだと察知して、それからはあえて探偵という職業は最後まで言わないようにしております。

しかし、警察の方々にも申し上げているのですが、あの物の言い方・・・・・・なんとかならんのでしょうかね。苦笑

では、過去にどういった時に探偵が警察に敵対心を持たれたのか?

事例その①

以前に35年以上前に失踪してしまった息子さんがおられ、当初は家族で息子を探し親達も年寄りになり「最後に息子に会いたい」そんな思いでお父様がご相談に見えました。

息子さんが家出した当初、とある探偵社に350万円くらいかけて探してもらったが結局、そこの探偵社では、探したのか探してないのかわからないまま、最後には連絡すらとれない状況で終わったといいます。

家出ではなくもはや失踪状態で、35年以上前の情報はかなり薄く、当社で当時20万円くらいの経費のみをもらい調査しました。

結果、行きつく所は死の可能性も視野に入れるしかない状態でした。

高齢のお父さんとお母さんの必死な姿からわたくしたちは、身元不明者の所持品の写真等を見てもらおうと思い、高齢の両親が何度も足を運ばなくてもいい段取りを聞こうと、わたくしが、とある警察署に連絡を入れました。

事情を話すとなかなか全国の身元不明者の所持品の写真を一気に見ることは難しいとまではよかった・・・・

「ところで、おたくさまはどなたですか?」

と警察の方に聞かれ、探偵ですと答えた途端、

「あなたは関係ない。本人から連絡をよこしなさい」とピシャリ

・・・・・。となったわたくしは

「お金にしようとしてこの警察に電話しているわけではない。

なにを勘違いしているか分かりませんが、その態度はいかがなものかと」

まぁー、あとのやりとりは想像にお任せします。苦笑

事例その②

明らかに詐欺にあっている未成年の息子さんを助けたいとお母さんが当社に駆け込んでこられました。

当社で結果がでて、明らかに事件性も考えられると判断したわたくし、そしてなにより、未成年の息子さんとわたくしが面談したら、息子さんは探偵さんなら助けてくれると思ってくれ、わたくしと一緒に警察に付いて行って欲しいとの願望がありました。

そしてお母さんと息子さんとわたくしと、とある警察署の刑事課に向かいました。

お母さんと息子さんには、また、探偵というと警戒されるかもしれないからとりあえず探偵と言う仕事は伏せて同席しました。

事情を説明しながら当社の調査報告書を拝見し、最後の事件処理の際、警察の方が申し上げたこと

「なぜ、警察ではなく探偵に行かれたのですか?」

それでお母さんの感情がキレてしまいました。

警察の方が発言をした言葉に怒りがこみ上げ

「なにをおっしゃっているの!最初に警察に電話したら、そんなの事件じゃない。

違うところに電話しろ!ってめんどくさそうにしたのは警察の方々でしょ。

高田さんのところはこうやって詐欺の証拠を揃えてくれて、一生懸命、ここまで

やってくれて、ここにも付いてきてくれたんじゃないの!」

警察の方々は・・・・・・無言で下をむいたままでした。

なんだかんだ、警察は探偵に対して敵対心はもたれるもの、なので最近は、警察の方々には状況においてはあえて探偵という仕事は名乗らないようにしております。

これは、たかだ探偵のつぶやきですが・・・・・

勘違いしている警察の人もまだまだ多い

またまた、わたくしが申していることは、警察官として勘違いではなく「人として」のことです。苦笑

本日はそんなところかな

さてと今週もはじまりました。

今週も正を正してがんばりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう~

 

 

 

The following two tabs change content below.

名古屋の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動している。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いていこうと思っております。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。