おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

ん~、とうとう?なのか・・・・・わたくしも今年44歳を迎えるにあたって・・・・

とうとう花粉症がきたかもしれない・・・・苦笑

みなさん、どうですか?

しかし、梅のお花が今、とても綺麗ですね~

桜も好きなんですが、梅のあの貫禄、咲き方の品の良さがわたくしは大好きです。

梅、紫陽花など白と薄い紫色のお花、小花など、思わずひきよせられてしまいます。

とても余談ですが、ブログを拝見してくる人は、わたくしのイメージと違うところと言うのは、もっと大柄の人かと思ったとイメージされるようです。

以外に155cmしかありません。苦笑

よく小さいと言われますけど、イメージって怖いですね。苦笑

本日は、なにかの「せい」というタイトルにさせていただきます。

人なんて自分もそうかもしれませんが、なにかにつけて~のせいにしがいがちです。

大人の階段を歩いていて、たまに思いますのが、なにもかもに誰かのせいにして歩いている人です。

まぁ、なにかのせいにしてもいいとして・・・・・

その先になにを残すこと

残さないこと

どちらが大切なのでしょうか

なにかのせいにしたとして、それらは、自分の我を貫きたいという気持ち

貫いた先になにが残り、次に繋げていくことなのか

わたくしも古い人間になってしまいますが、よく若い子たちの口癖で

めんどくさい

って言葉を聞きますが、めんどくさいことを全部やめたところでなにが残るのか

って、単純に思います。

なにかにつけて、なにかの「せい」にして生き続けて、めんどくさいって言い続けて、自分の生きる道はそれで正しているのか

親のせい、人のせい、環境のせい、だれかのせい

わたくしはですが、

~せいという言葉は正直あまり好みません

~せいという言葉を使った時点で、それを意識していると思うからです。

~せいという時点で自分より壁が高いという気持ちがいやだからです。

~せいと思ったところで、他事は自分事と思います。

~せいも自分の出来事

そこから逃げるのではなく、道を変えることなく、目線と視界を変えます。

わたくしにとってはここが肝心なんです。

道は変えない!

逃げない!

目線と視界を変える

~のせいかぁ~

なにかのせいに生き続けたら、目先は楽に生きて行けるんだろうな~

目先だけだけど。苦笑

本日はそんなところでしょうか

今週もはじまりました。

本日も正を正してがんばってまいりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう~

The following two tabs change content below.

名古屋の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動している。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いていこうと思っております。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。