おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

もう花見の時期になりそうですね~

気づけば連休でしたかぁ。

本日は、がんばり屋さんほど悩むというタイトルにさせていただきます。

わたくしは、とあること?苦笑

まぁ~、母親との約7年という闘病生活で「頑張る」という漢字を書くことができません。

頑なに張るがんばるという漢字は、わたくしの心を・・・・今でも苦しく感じます。

一生懸命がんばっていることを、頑なに張っているという言葉が、締め付けられている気がするんですよね。苦笑

確かに、本当に底からがんばっていることって頑なになってでも踏ん張っていることなんだと思います。

良いとらえかたをすればいいのでしょうが・・・・

当時をどうしても思い出してしまうんです。

当時、周りの人には申し訳ないですが、「頑張ってね」という言葉が辛かった。

いつもその言葉をもらうと心は大泣きしてました。

「がんばってがんばって、みんなが思っている以上にがんばっているのに、

 これ以上、どうがんばればいいの?」

それで見つけた言葉が、

顔が晴れるように顔晴ればいいんだと思い続けておりました。

人はなにかしらを抱えて、悩みます。

当社へ駆け込んで来られるお客さまたちもみーんな心が切り裂く思いで悩まれております。

いろんな人の悩みをお聞きしておりますが、

がんばり屋さんほど悩むのだとわたくしはそう感じます。

ひとりでなんとかしようとか、自分でなんとかならないかとか

そんな荷物がいつのまにかたくさーんになって、抱えきれなくなる。

ひとりで悩まないで

という言葉もありますが、悩んでしまうのが人

それをがんばってしまうのが人

一番大切なのが、その時の自分を知ること、そしてそんな自分を受け入れること

どんな自分でもいいんです。

自分をきちんと受け入れて、自分自身が自分を受け入れてあげること

それが大事に思います。

幸せに勝ち負けなどないんだと思います。

自ら、幸せから避けようとしていることに気づく

自分を受け入れて、その悩みを見てみる

わたくしもこうは書いておりますが、悩むときは悩みますし悩みは苦しくて悲しくて時にせつない

でも、悩みに悩み、悩みぬいたとき、なら、どうなら自分が納得するのかを考えます。

そして後悔するかしないかを考えます。

人はそうやって、どういう形であれ、消化しようとするものです。

ひとそれぞれ、十人十色ですが、この仕事をしていると本当に未だにそう感じます。

人の心って本当に不思議です。

本日はそんなところでしょうか。

さてと本日もはじまります。

本日も正を正して顔晴りたいと思います。笑

それではみなさまごきげんよう~

The following two tabs change content below.

名古屋の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動している。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いていこうと思っております。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。