おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

昨日、今日は本来は大阪に出張だったのですが、現場がにぎやかになってしまいまして、急遽、名古屋に戻りました。

名古屋に戻りましたら、なんてことなくいつもの風が吹く。

自分自身の器の小ささ

色んな思いを抱きながら、わたくしも日々を過ごしております。苦笑

本日は、人の抱えている悩みというタイトルにさせていただきます。

本当にお客様たちももちろんそうですが、人それぞれ抱えている悩みというのがあります。

お客様たちの中では、そんな悩みに苦しめられ方向性がずれてくる人もおられるんです。

抱えているもの、それは悩みだとしたら

抱えているものの真実はどうなのか

その抱えているものをどうしたらいいのか

自分自身が抱えるべきもの

自分自身が抱えるべきではないもの

最終的には、この二択になってくるのではないかとわたくしは思います。

どちらにしても、抱えているのは自分ですから

本当はわかっていることを人は目を伏せてしまうこともあります。

だれだってそういうこともあります。

だれだって目を伏せていることに目を開いて歩く勇気は半端なく不安なんです。

約束されない幸せへの道とか

ひとつの光に向かう、光がいつ見えるかわからない道を歩くことは怖い。

雑草や草原に道がない先を歩けと言われても不安なのと同じなんです。

ですが、歩いてみないと道はつくれない。

歩いていくうちに草が寝てその人が歩く後ろはだんだん道となっている。

歩いたからこそできる道なんです。

歩かなかったら雑草や草原のままです。

歩いたからこそ、その雑草や草原の先に湖があったり、町があったり、見たこともない花畑を見ることができるかもしれません。

逆に歩いたからこそ歩けない道もある

歩いていってもびたびたの水溜りしかできない道もあったり、歩いても歩いても悪臭がして自分には合わなかったり、

ここまで歩いたけどまた戻ることも・・・・人生にはあります。

でも、歩かなかったとは全然違います。

その中で、それぞれの人は、なにかの荷物を抱えて歩いているんですよね。

みなさんの抱えているもの

どうでしょうか?

時には言い訳もしたいでしょう。人ですから・・・・・みんな同じです。

でも、言い訳した先は・・・・・なにが待っているか

深いですね・・・・

本日はそんなところでしょうか

さてと本日もはじまります。

本日も正を正してがんばりたいと思います。

それではみなさまごきげんよう~

The following two tabs change content below.

名古屋の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動している。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いていこうと思っております。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。