おはようございます。名古屋の探偵@高田幸枝でございます。

 

名古屋は気持ちがいい天気を迎えております。

 

本日は、見失ってもいい~けどもごまかさないことというタイトルにさせていただきます。

 

日々歩いていく中、いつもの道なのにいきなり落とし穴があったり、上から岩が落ちてくるような出来事が起きたり・・・・・

 

上り坂、下り坂そしてまさか

 

これがまさかかと思いながら痛みに耐える

 

それを繰り返し生きていくのが人生なんて語ったことがみなさまもあるのではないでしょうか。

 

そんな、下り坂だとかまさかのところで当社のような探偵社に駆け込んでくるお客様というのは、本当に疲れきっている方々ばかりなんです。

 

わたくし自身も含め、人というのは見失ってもいいんだと思います。

 

見失いそうなくらい自分を信じて歩いてきた証でもあるんです。

 

誰かのために歩いてきた事実でもあります。

 

それはそれでとても立派なことだとわたくしはそうお話します。

 

しかし、見失うよりごまかして歩いている方のが辛いのかもしれません。

 

人ってごまかすことがたとえ成功?すり抜ける?そうなったとしてもどうなんでしょうか。

 

たとえそれがごまかせたとしても自分の人生のなんの意味があるのか?

 

本当に歩きたかった道なのか?

 

違いますよね。本当に歩きたかった道ではないからごまかす。

 

悲しみも同じです。

 

ごまかして悲しみを隠したところでも、行きつく所はどうなんでしょうか?

 

人なんて傷つきたくない。みんなそうなんです。

 

でも、傷つくことを恐れますし、傷ついたことに悲しみますし、時に傷ついたことに腹を立てることもあります。憎しみだったり・・・・。恨みだったり・・・・。

 

わたくしだって傷つきますし、憎しみもあったり、恨みもあったり?苦笑

 

しかし、わたくしは復讐は相手にしません。(以前のブログにも書いたと思いますが)

 

それをしたことによってその時点で自分が負けているように感じるからです。

 

「傷つく」ことに誰かのせいにして、文句をいっている自分がもはや相手の思う壺と思っております。

 

そんな中で一番一番大切にしていることは、

「傷つく」ことではなく、
「気づく」ことです。

 

「傷つく」ことで、自分にはそれだけ大きな財産が得られるということです。

 

でも傷つかないと得られません。

 

そう、ごまかしたら得られないんです。

 

だから見失ってもいいけど、ごまかす生き方だけはしたくないですね。

 

本日はそんなところでしょうか

 

さてと本日もはじまっております。

 

本日も正を正してがんばりたいと思います。

 

それではみなさまごきげんよう~

 

ばいばいびー

 

 

The following two tabs change content below.

名古屋の解決探偵

高田幸枝 takada yukie (1972年生 名古屋市出身) 株式会社LASコーポレーションの代表取締役 21歳の時より現在に至り探偵一筋 浮気調査や離婚問題、家出・人探しでは、調査のみで終わることはなく解決までサポートにこだわる探偵として活動している。 探偵ブログに関しては、探偵として人として女性として日々の思いを書いていこうと思っております。 企業理念「心笑の実現」 お客様、スタッフ、スタッフの家族、当探偵社に関わるすべての人たちの心が笑う実現に向けて活動します。